始めよう!チャットレディ実践編

実際に月収100万円を越すチャットガールは少なくありません。
ではどうやって稼いでいるのかを少しだけ伝授しちゃいます!!

①何箇所も登録する♪

②待機中でファンをつかむ!

③顔は口元まで!

④カメラにも気を遣う!

⑤さぁ!チャットで会話!

※これらは参考程度にしてください。
1番良いのは自分のやり方でやることです。

 


①何箇所も登録する♪
 
・いよいよチャットの世界に飛び込むわけですが、まずはココが肝心ですね。

1箇所だけ登録するのもいいのですが、実は1箇所だけだと、なかなか思ったほどは稼げない場合があります。お客さんも限られています。チャットというのは、意外と生ものですので、すぐに腐ってしまう場合があるので、ドンドン新しいサイトに登録することをおすすめします。

目標は1サイトに2人以上の固定客をつかんでしまう事です!そうなると、だいぶラクに進める事ができますよ!


②待機中でファンをつかむ!
 
・チャットといっても、ずーーっとチャットをしているわけではなく、お客さんがログインしてくれないと、チャットは始まりません。

それまでは、カメラの前でずっと待っている(待機)わけですが、実はこの待機中にファンをつかむポイントが隠されています。逆に、待機中に頑張っていない人にお客さんはつきません。

 ポイントは、やはり顔出しなら笑顔で、出さないなら会話につながるような行動で待っていることですね。踊って待っているのもOKです。

なかなか入ってくれないからといって、ブスッとしたり、ボケーっとしているのが一番のNGです。


③顔は口元まで!
 
・顔は口元を映すのがベストだと思います。 って何が言いたいかというと、自分の体で一番自信のあるところを見せるということです。

なのでモデルや、タレントさんは、顔を出すべきだと思います、逆に。そういう方々はその部分を売りにしているので、体も物凄くケア-していますので出すべきです。

それ以外の方は基本的には普通の方々なので口元がいいでしょう。

なぜ口元かというと、理由は2つあります。

1つは心理の問題で、見えそうで見えないというのは、物凄く興味をそそられるものです。この心理は他のところでも、役立ててください。

もう1つは、1番無難に写るからです。


④カメラにも気を遣う!
 
・カメラは、あんまり安いのは買わない方がいいです。

少しでも明るく鮮明に映るものを選んでください。映りが悪いと、それだけでお客様は逃げてしまいます。

カメラ代はすぐに稼げますので、ちょっと頑張って性能の良いカメラを買いましょう!!

部屋も明るすぎず暗すぎず、始める前にカメラチェックをしてみて一番いい感度で始めてください。


⑤さぁ!チャットで会話!
 
・「お客様がログインしました!!」

といった時にはあわてずに、落ち着いて会話しましょう!!

エッチな会話もある程度は我慢してください。
エッチなことを強要してきたら、それをうまく利用するんです!

じらして、じらして、で結局脱がなくて、でまたログインしてもらえるように次につながるような別れ方をするんです!
 

 

 

【カメラに向かってスマイル】

チャットレディをしていると常連さんが少ないうちやログインの時間帯によって会員さんが入ってこられるのを待っていないといけないときがあります。

待機しているときの映像はとても重要です。もちろん会員さんとチャットになったときもそうです。

待機しているチャットレディーがつまらないなあ、ひまだなあという気持ちでいると映像にそのままの自分が映ってしまうようです。

知らないうちに相手に不快感を与えています。初めてお仕事を開始したときは不安な気持ちでいっぱいですが、カメラには不安な表情も映っています。心ではそう思ってもたまにカメラに向かって笑顔であいさつしてみましょう。そして待機中はカメラの前にいましょう。

誰も入ってこないからといって、席をはずしているとせっかく入ろうとしていた会員さんは待っていないといけません。もう来ないかもしれません。「今すぐチャットしたい!」という会員さんが多いのです。

【ウェブカメラは高画質なものを】

ウェブカメラは最新のものは映りが断然ちがいます。なんといってもライブチャットは映像が命です。

会員さんはリアルタイムで映像を見たいしチャットレディーを身近に感じたいのです。

会員さんがチャットレディーのプロフィールを見てチャットレディーと話をしたいと思ったのに映像を覗いたら表情がはっきりわからないとがっかりします。

チャットするのも迷ってしまいます。カメラを無料でレンタルできるライブチャットもあるのでそちらで推奨しているものはまちがいないと思います。

ちなみに私が使ってよかったのはロジクール製品のカメラ(Qカム4000)です。ヘッドホンもあると音が相手にきれいに聞こえます。

個人的にヘッドホン(マイク)もあったほうがよいかと思われます。

昼間や他の画像を写す時もそうですが、チャットに入ったらパソコンのそばに照明スタンドなど)を置きましょう。

照明を置いただけでカメラの映りが明るくなり綺麗に映ります。夜はもちろんですが、昼間も日差しが入らないときは部屋の電気はつけてチャットに入りましょう。

カメラのソフトをパソコンに取り込む際はパソコンのセキュリティーソフト(ウィルス対策ソフト)を停止してからインストールしてください。

ソフトをインストールしたのにカメラの動作がうまくいかない場合はいったんソフトをアンインストールしてから、こちらを参照してダウンロードし直してみてください。

ウエブカメラをインストールしたらパソコンがフリーズ(接続するとウエブカメラの動作が停まる)を繰返すときはパソコンのメモリを確認してみましょう。

256MBは必要です。増やすにはパソコン専門店へ行って追加してもらいましょう。それでも停止する場合は、メモリ以外も増やしてもらいましょう。

フィード